場所 全日本学生スキー選手権大会
妙高高原クロスカントリーコース
日付 2001/01/11 Tester : Ogose

コンディション 10:30〜15:00
時間 10:30 11:00 12:20 13:15 15:00
雪温 ℃ -0.2 -0.2 -0.2 -0.1 -0.1
気温 ℃ 2 2 6 7 3
湿度 %RH 60 60 53 50 67
天候 快晴 快晴 快晴 快晴 曇り
雪質 新雪ウエット(ザラメの混じる場所もある)

滑走ワックステスト 12:20〜13:15
順位 Ski Wax フィーリング km/h タイム km/h 差 %
1 1 HF8 2 14.69 0.00
2 6 HF10+HF8 1:1 1 14.57 -0.12
3 5 HF10+HF6 1:1 3 14.41 -0.28
4 4 HF10+HF4 1:1 4 14.38 -0.19
5 2 HF8+LF8 1:1 5 14.29 -0.40


パウダーワックステスト 15:00〜15:20
順位 Ski Wax フィーリング km/h タイム km/h 差 %
1 3 FC200 焼付け 1 16.79 0.00
2 2 FC200+FC080 焼付け 3 16.71 -0.08
3 4 FC080 焼付け 2 16.67 -0.12
4 5 FC040 焼付け 4 16.54 -0.17


グリップテスト 9:30〜10:30
順位 Ski WAX (ベースはKR020)
1 2 KR050+K0022 (ミックス)
2 1 KR060

雪質
1. 粉雪
降雪時あるいは新雪時で、比較的刺さり易い角のくずれていない結晶。
2. 新雪
結晶が変形しかかっている状態。多少ざらつき、結晶の原形をとどめていないのが特徴。
3.旧雪、湿っている雪
融雪の最終段階。結晶の表面は一様に溶けて丸くなり、雪がかたまってしまう状態。
4.結晶の崩れかかった旧雪
1.2.3.の雪が、気温の上昇とともに湿気を帯びた状態。
5.溶解、氷結を繰り返したザラメ雪
湿った雪が再凍結。融解と凍結を繰り返すことにより、結晶が大きくザラメ状になっているのが特徴。雪の表面は堅く凍っている。


1月12日 予想ワックス
降雪時 晴れた時
クリーニング CH8 CH8
下地 CH6 CH6
レーシング HF8 HF8+HF7
スタートWAX FC200 FC080
1月12日
予想コンディション


WAX DATA HOME ⇒