場所 白馬八方尾根 FIS ジャパンシリーズ会場
日付 2000/2/28      Tester J.Takano

テスト時間 AM9:00 AM10:30
気温 -3℃ 0℃
雪温 -7℃ -5℃
湿度 82% 76%
天気
雪質 2.結晶がしっかりした新雪

*滑走ワックステスト
順位 SKI NO. WAX ミックス率 滑走テスト Time 差 Time
1 1 HF7 単体 3.542 0.000
2 2 HF7+HF8 1:1 3.547 0.005
3 4 HF8+CH3 4:1 3.549 0.007
3 HF8 単体 3.558 0.016
5 HF8+HF10 1:1 3.623 0.081

*セーラFテスト
順位 SKINO. WAX 滑走テスト Time 差 Time
1 2 FC100 3.532 0.000
4 FC040 3.537 0.005
3 FC080 3.549 0.017


雪質
1. 粉雪
降雪時あるいは新雪時で、比較的刺さり易い角のくずれていない結晶。
2. 新雪
結晶が変形しかかっている状態。多少ざらつき、結晶の原形をとどめていないのが特徴。
3.旧雪、湿っている雪
融雪の最終段階。結晶の表面は一様に溶けて丸くなり、雪がかたまってしまう状態。
4.結晶の崩れかかった旧雪
1.2.3.の雪が、気温の上昇とともに湿気を帯びた状態。
5.溶解、氷結を繰り返したザラメ雪
湿った雪が再凍結。融解と凍結を繰り返すことにより、結晶が大きくザラメ状になっているのが特徴。雪の表面は堅く凍っている。
   
 
WAX DATA HOME ⇒