SWIX

GLOBAL SITE

ブランドヒストリー

スウィックスは、世界のスキーアスリートを成功に導くため、長年にわたり製品の研究開発に努めています。 常に進化と可能性を求め、より爽快なスポーツシーンを提供するために日夜努力しています。

「スウィックス(SWIX)」は、1943年、スウェーデンの製薬会社ASTRA社が、クロスカントリースキーのトップスキーヤーだったマーティン・マツボと組み、ワックスの共同研究とテストを開始したことに始まる。

1946年に、スウェーデンで創業され、あらゆる雪質への対応を目指したノルディックスキーワックスの研究開発に注力。 その後、本拠地をノルウェーに移転。社名は、スウェーデン、ワックス、WALLIN(商品開発責任者)に由来し、「SWIX」とした。

1948年、スイスのサン・モリッツ冬季オリンピック大会において、クロスカントリースキー競技で優勝した全てのスウェーデン選手がスウィックスワックスを使用。全世界にセンセーショナルな結果として報じられた。

1949年、アルペンスキーの滑走ワックスの開発、生産を開始。1987年に、歴史上革命的なワックスで最も成功したとされるCERA Fワックスを発表。

1974年、ノルウェーのリレハメルにあった「LILJEDAHL SKI POLE FACTORY」を買収し、スキーポールビジネスにも参入。 軽量な素材であるカーボンポールを初めて作ったとされ、ノルディック、アルペンスキー競技用ポールのトップブランドとしても知られている。カーボンコンポジット素材での楕円形やトライアングルシャフトなど、独自の技術を注ぎ込むことで、競技スキー界で重要な軽量さとスイングバランスを兼ね備えた製品を創出。1989年には、現在のスウィックスアンダーウェア、グローブ、ハット、バッグ商品のもとになるノルウェーのアウトドア、スキーウェアブランドを加えた。

スウィックスは、「経験や理論だけではなく、結果こそすべて」という開発ポリシーのもと、最先端のテクノロジーを使ったワックス製品を次々と開発し、市場を席巻。 今現在もワックス・チューンナップ用品など多岐にわたる製品のリーディングカンパニーとして君臨し続け、歴代のオリンピック、世界選手権、ワールドカップレースでの選手のメダル獲得に寄与している。